東京都の風俗嬢人口を計算してみた

言われてみれば気になる、「風俗嬢の人口」

突然ですが紳士のみなさまは、ご自身の身近に風俗嬢がどのぐらいの割合でいるか考えたことがございますか?
風俗嬢の見分け方と同様、もしかすると「言われてみれば気になる」という紳士のみなさまが多いものの、なかなか真剣に考えたことはないのではないでしょうか?

そんなことを考えるお時間はおそらくないであろう紳士のみなさまのために、高級デリヘル口コミランキング運営部(の中でも暇な筆者)が独自に

  • 全国の風俗嬢はどのくらいいるのか
  • 東京の風俗嬢はどのくらいいるのか

を考えてみました。

どこで役に立つかは不明ですが、紳士のみなさまの夜の雑学として頭の片隅にでも置いていただけましたら幸いです。

前提:青森市民と全国の風俗嬢の数はほぼイコール

shoes

評論家・萩上チキ氏と経済学者・飯田泰之氏が風俗業界を真面目に考察した著作として有名な「夜の経済学」によると、日本全国の風俗嬢の数は約30万人と推定されています

計算式は

  • 営業しているであろう風俗店の数 約10,000店舗 ……A
  • 1つの風俗店に働いている女性の推計人数 29人前後 ……B
  • A×B=30万人弱

参照元:夜の経済学

というもの。
単純にこの計算結果から約1億3,000万人の日本人の約420人に1人が風俗嬢ということがわかります。

ただここで利用されているAとBの数字は

  • ソープランド
  • ピンサロ
  • 店舗型ヘルス(ファッションヘルス)・エステ
  • 受付ありのホテルヘルス
  • デリヘル(デリバリーヘルス)

の6つの業種を著者たちが各都道府県警公安委員会への届出数・風俗業界の各種広告媒体・ホームページなどの複数の情報からおおよその実数を割り出したものです。
2016年現在、日本人女性の「性を売る」ことへの抵抗が薄れてきている時代とはいえ、「私は風俗嬢です」とはなかなかカミングアウトしづらいもの。
また、風俗ビジネスは日々新しいお店が開業してはうまくいかないお店はひっそり廃業していくものですから、正確な数はどうがんばっても出せないでしょう。

「30万人」は思いのほか身近

この計算結果だけ見ると、多いのか少ないのかよくわからない風俗嬢人口ですが、筆者は「すごく多い」と感じています。

その理由は大きく2つ。

まず、風俗「嬢」というのは基本的に「女性」しかなれません(NHのみなさまを女性と考えても……)。
しかも、風俗嬢になるには「18歳以上」という年齢制限もあるので、そもそもの分母は1億3,000万人ではなく、最低限その半分の約7,000万人程度になるはずだからです。
つまりこのフィルターをかけるだけで、約210人に1人が風俗嬢というところまで範囲が絞れます。

次に、この計算はあくまで「風俗嬢なう」な人数であって、「元風俗嬢」は含まれていません
このことを踏まえて「夜の経済学」が、

  • 毎年デビューする風俗嬢と引退する風俗嬢の差し引きは0
  • 30万人の風俗嬢が常時働いている

と仮定して、就労期間分の女性に対して何人の風俗嬢がいるのかを計算したところ

  • 風俗嬢の平均就労年数 8.8年 ……A
  • 1学年当たりの女性の人口 約70万人 ……B
  • 風俗嬢の数 約30万人 ……C
  • A×B/C=20.53333

なんと20人に1人(クラスの女子1人)が風俗嬢経験者という計算結果が出ました。

30万人という風俗嬢人口はリアルな数値を当てはめて考えていくと決して「少なくない」のです。

東京では「隣のあの子も風俗嬢」もあり得る

train

ここまでは「夜の経済学」を頼って日本の風俗嬢人口をおおまかにご紹介してまいりましたが、ここからは筆者がこの計算方法をまねして東京の風俗嬢人口を算出してみたいと思います。
数学がとても苦手なので、間違いがあったらはてブあたりでご指摘お願いします。

まず東京都に何名風俗嬢がいるかというと

  • 東京都のおおよその風俗店の数 2,500店舗 ……A
  • 1つの風俗店に働いている女性の推計人数 29人前後 ……B
  • A×B=72,500 ……C(東京都内の風俗嬢の推計人口)
  • 東京都の人口(2014年) 約1,335万人 ……D
  • D/C=184,137

東京都の風俗嬢は約72,500人、全国の風俗嬢のうち25%が東京にいるという計算です。
さらに割合としては都民全体の185人に1人(女性に限定すれば最低でも90人に1人)が何らかの形で風俗嬢として今現在働いています。

また、就労期間分の女性に対して風俗嬢経験者も同様に計算したところ

  • 風俗嬢の平均就労年数 8.8年 ……A
  • 東京都における1学年当たりの女性人口 7.7万人(東京都の女性人口/女性の平均寿命) ……B
  • 東京都の風俗嬢人口 72,500人 …C
  • A×B/C=8.49

つまり10人女性がいれば1人か2人は風俗嬢経験者という計算が成り立ちます。

  • 東京には千葉・埼玉・神奈川からも女性が働きに来ている
  • 1学年当たりの平均人口が正確ではない

という時点でこの計算は不正確ですが、仮に東京都内の10人に1人が風俗嬢だった場合、カフェの隣に座ってきたあの子も風俗嬢というのはあり得る話です。

すさまじい「風俗マネー」の現実

ここまでの計算で、風俗嬢が意外と身近な存在ということがお分かりいただけたと思いますが、そんな30万人が働く風俗業界の市場規模も目を見張るものがあります。

  • 平均的風俗嬢の1日の仕事量=70分16000円×3~4本
  • 平均的な1日の稼ぎ=3.5万円
  • 平均月収=約49万円
  • 平均年収=約600万円
  • 30万人×600万円=1.8兆円

お店と風俗嬢の取り分が仮に折半の場合、倍の3.6兆円が風俗業界で動きます
3.6兆円というのは東京都の2013年の一般会計予算の約半分です。

日本人男性が1億3000万人の半分の約7000万人とすると、1人が1年に51,000円を風俗サービスに落としている計算結果になります。
近年「風俗に行く」という男性は減っているので、風俗に行く男性を人口の10%とすると、その人たちは年平均51万円を風俗につぎ込んでいるという計算になるのです。
51万円というと多いように感じるかもしれませんが、1回5万円の高級デリヘルを使うのだとすれば月1にも満たない回数なので、もしかしたらマニアにとっては「常識の範疇」なのかもしれません。

増え続ける「私、風俗嬢になりたいんです。」

Piacere

ここまで風俗嬢の人口についてお話をしてまいりましたが、近年はさらに風俗嬢が増加傾向だそうです。

旧来はやむを得ない借金を抱えていたり、生活に苦労をしている女性が風俗嬢になるというイメージがありましたが、2000年を過ぎたあたりからはどこにでもいる一般的な女性や、高学歴・美人といった女性まで風俗嬢を自ら志願しているようなのです。

日本の風俗嬢」はこのように風俗嬢に増えた理由を

  1. ブルセラ時代と呼ばれた1980年代生まれの女性が20代になったころから、性の売買に抵抗がない女性が急増したこと
    →むしろ性の売買であっても「自らの技術で自活している」という意識が強いこと
  2. バブルの崩壊や2008年のリーマンショックで若者の貧困が深刻化していること

の2点だと分析しています。

このように、風俗嬢に積極的に志願する女性が増えた結果、現在「風俗嬢になりたくてもなれない人」まで出てきているそうです。
以前であれば、「クラスの平均くらいのルックスの女の子」であれば、それなりに稼げていたのに、現在では競争率が上がってそのレベルでは風俗業界で採用されるのも難しいとされています。
8.5人に1人が風俗経験者といわれている東京ですが、「風俗の面接を受けたことがある女性」まで範疇を広げればさらに数は膨れ上がるでしょう。

高級デリヘル口コミランキングは、そんな風俗業界の群雄割拠の時代においても厳選された女性のみが在籍する高級デリヘルを口コミ・ランキングで比較検討できるポータルサイトです。
夜遊びに絶対失敗したくない紳士のみなさまの夜のお供としてぜひご活用くださいませ。

クレジットカードで高級デリヘル利用のチャンスが拡大?

風俗現金商売時代も終焉 かつては水商売と同じく「現金での精算が基本」といわれていた風俗サービス。 2016年現在も紳士のみなさまの多くは現金で決済をしているのではないでしょうか。 しかし、近年(特にこ

いざ利用

慣れている方は、高級デリヘルの利用法を説明するまでもないでしょう。 しかし、初めて高級デリヘルを利用する方は不安が大きいということもあるのではないでしょうか? 風俗に慣れていても、『高級』とつくと気分

恐るべし、高級デリヘル嬢の教育事情

容姿もマナーも先天的なもの? 容姿はもとよりプレイのテクニックや立ち居振る舞い、言葉遣いや気遣いなどでもお客様を魅了する高級デリヘル嬢。おそらく美しさは“生まれつき”の部分も大きいでしょうが、他の部分

風俗嬢の“方言萌え”をする男性、増加中。

男性は“方言女子”がお好き? 「普段はデリヘルや風俗って使わないけど、出張時には羽を伸ばして使っちゃう。」 紳士のみなさまのなかにも少なくないであろうこのような「出張風俗族」。出張先の観光がてら、現地

  • 3日間
  • 月間