「風俗嬢はホスト狂い」←これって本当?

正確には「普通の職業よりもホスト狂いが多い」

「ほとんどの風俗嬢は、ホストクラブで豪遊するためにお金を稼いでいる。」
巷の噂やインターネットの掲示板でもよく見聞きするこの噂、実際のところ本当なのでしょうか。
冒頭で結論を申し上げるなら「一般的な職業に就いている女性よりも、ホスト狂いが多い」は事実です。「担当に貢ぎたい」「売掛金(※詳細は後述します)を支払いたい」「ホストの彼氏を養いたい」そんな理由から自らの体を差し出す風俗嬢も決して少なくありません。

ではなぜそこまでして彼女たちは「ホストお金を費やしたい」と思うのでしょうか。「そんなことするぐらいだったら、自分磨きやキャリア形成、貯金に回したほうがずっと効率的だ」と思う紳士のみなさまも少なくないはずです。しかし、高級デリヘル口コミランキングが調査したところ「風俗嬢というお仕事はホストにはまりやすい要素が複数ある」ということがわかりました。本記事では風俗嬢自身が持つ「ホストクラブにはまりやすい要素」と、逆にホスト(あるいはホストクラブ)が兼ね備えている「風俗嬢を夢中にする要素」の2つに分けて、少なくない風俗嬢がホストにハマってしまう要因を確認していきます。

「風俗嬢のストレス」の多くはホストが解決できるという現実。

ホストクラブに夢中な女性

まずこちらの項目では冒頭部分でご紹介した風俗嬢自身が持つ「ホストクラブにはまりやすい要素」をご紹介します。風俗嬢がホストクラブにはまってしまう理由、それは一言で言ってしまえば「風俗嬢というお仕事でのストレスはほぼホストクラブで解消可能だから」に他なりません。彼女たちはホストクラブに行っていったい何を満たしているのでしょうか。代表的なものに以下の4つがあげられます。

いきなり大金を手にしてどこに使ったらいいかわからない→ホストクラブならパーッと遊べる

一般的なのデスクワークや立ち仕事に比べて「高収入」といわれる風俗嬢。「学費を稼ぎたい」「借金を返したい」「開業資金を集めたい」などの目標をもって風俗のお仕事をしている女性にはあまりないことですが、単純に「リッチな生活をしたい」という気持ちから風俗業界の扉をたたいた女性の中には、「身体を使って得た大金の使い道を計画できない」という女性も少なくありません。

そんな女性がお金の使い道として選ぶのが「遊び」です。中でも1時間数万円の料金といった高額料金のホストクラブは「お金がある女性しか行けない」至極の贅沢なのです。
よく一般的に“稼いでいる”といわれるキャバ嬢やホステスさんでいつも「お金がない」と嘆いている女性をしばしば見かけますが、ホストクラブに定期的に通う風俗嬢も同じです。お金を持ったら持ったで消費も比例してしまうのです。

好みの男性に優しくされたい → ホストクラブならよりどりみどり

風俗嬢は肉体的にはもちろん、精神的にもハードなお仕事です。
紳士のみなさまを含む男性というのは、基本的に「子種を残したい」生き物なので複数の女性と関係を持つことにそこまで抵抗を持ちません。しかし女性はその逆で「優秀な遺伝子を持った子どもを産み育てたい」ため肉体関係を持つ男性を限定したいという本能が備わっています。つまり、風俗嬢として働き不特定多数の男性とセクシュアルな関係を持つことは「本能に反する」という意味で大変ストレスフルなのです。その点、ホストクラブであれば(性的な関係を持たなかったとしても)少なくとも「自分の好みの男性」と時間を共有できます。彼女たちにとってホストクラブは“癒し”なのです。

ほめられたい → ホストは褒めてくれる

風俗嬢というお仕事のストレスは本能的なものだけではありません。一生懸命お客様にサービスしているのにもかかわらず「汚い」「風俗嬢のくせに」「どうしてそんな仕事(風俗嬢)してるの?」など心無い言葉を浴びることもしばしばあります。しかも、一生懸命働いていても家族や友達には仕事でどれだけがんばっているかを報告できません。そう、彼女たちは一生懸命働いているのに“褒められない(褒められにくい)”のです。

ですがホストはお金との交換条件ではありますが自分を受け入れてくれて、褒めてくれます。さらにお金をつぎ込めばつぎ込むほどホストはその女性を大切に扱ってくれます。ほめられることや大切にされることを渇望する彼女たちはそれがうれしくてお金をどんどん投下してしまうのです。

恋愛したい → ホストなら恋愛に付き合ってくれる

「彼氏を作りにくい」というのも風俗嬢特有の悩み。そうですよね、彼氏ができたはいいけれどもし彼氏に風俗で働いているということがばれてしまったら……なんて思ってしまった暁には彼女たちにとって恋愛は手を伸ばしにくいものです。
しかし、先ほども申し上げた通りお金との交換条件ではありますが、ホストであれば「疑似恋愛」ができます。彼氏を作らなくても「恋愛」はできる。風俗嬢たちにとってはこの上なく理想的です。

ホストは「手持ちがなくても自分に合わせてくれる王子様」である。

ホストクラブの要素

ここまでは風俗嬢という職業上の特性を挙げながら彼女たちがホストにハマってしまう理由をご紹介してまいりましたが、理由はそれだけではありません。ホストやホストクラブ側にも「(風俗嬢に限らず)女性をハマらせる要素」があるのです。

「売掛金制度」を使えば極論手持ちなしでも遊べてしまう。

1時間数万円というお店もあるほど「高単価」な遊びといわれるホストクラブ。そもそもそんな大金を支払える女性は数少ないはずですがなぜホストクラブには連日多くの女性が訪れるのでしょうか。それにはホストクラブ特有の支払い体系である「売掛金制度」が関係しています。
たとえば、シャンパンタワーで100万円分遊んだとしましょう。一般的な飲食店であれば基本的に手持ち(あるいはカードの限度額)が100万円なければ帰してもらえません。しかし、この売掛金(未収金)制度を使うと話は変わってきます。「その場で10万円現金で支払い、残りの90万円は月末までに支払う」ということができてしまうのです。
特に風俗嬢などの場合はこの制度があることで「月末までに90万円払えればいいか」という思考回路が働いてしまい、その場での財布のひもがついつい緩まってしまうといわれています。

本気の女性には本気モード、楽しみたい女性には友達モードという使い分け

そして、女性がホストクラブにはまってしまう一番の理由はこのホストの「営業力」です。ホストは接客のプロですから、「女性客が望む形の接客」を常に心がけてくれます。
代表的な営業方法が「色恋営業(通称:色営)」と「友達営業(通称:友営)」の2つです。

「ホスト狂い」といわれる女性に対して向けられているのは大概「色恋営業」でしょう。色恋営業とは女性の“彼氏”として接客する営業方法です。
「好きな人の力になりたい」「一生懸命貢いでいればいつか私に振り向いてくれる」……たいがいそんなことはないのですが、女性客はそんな淡い期待を抱きながら大金をつぎ込んでしまいます。途中で営業だと気づいても、惰性で貢ぎ続ける女性もいるというのが恐ろしいところです。

しかし、そんな女性の対極ともいうのか「楽しく飲めればいいよ」程度の気持ちで節度を守りつつホストクラブに通う女性がいるのも事実。そんな「細く長い」お客様に対してホストがとる営業方法が「友達営業」です。

お客様によって、器用に営業モードを使い分けるホストはさぞかし女性客にとって魅力的に見えることでしょう。

一種の洗脳、気づくまで抜けられないホスト地獄。

貢物

以上のようにホストクラブは風俗嬢がハマりやすい要素がこれでもかというほど詰まった“ワンダーランド”です。しかもキャバクラや風俗にはまったことのある紳士のみなさまであれば理解にたやすいと思いますが、ホストクラブにも一種の「中毒性」があります。ホストクラブにはまっている当事者からすれば、ホストクラブは「自分の人生そのもの」になってしまっている場合も少なくありません。
また、ホストは違法行為でもありませんし、お金を払ったら払った分だけ「見返り」もあるため悪いこととも言いだしにくいのも彼女たちの中毒性をさらに進行させる要因でもあります。

彼女たちがホスト地獄から抜けるとき、それは「借金地獄に陥ったとき」「ほかに大切な男性ができたとき」「ホストクラブ事態に飽きたとき」など、彼女自身に何らかのきっかけがあったときだけといっても過言ではありません。

ホスト狂いはちょっと……そんなときは高級デリヘル。

ここまで風俗嬢がホストにハマってしまうきっかけと、ホスト狂いに一度なってしまったらなかなか抜け出せないというお話をしてまいりましたが、一方で風俗嬢であってもホストクラブにはまるどころか「ホストクラブにはいかない」という宣言をしているお嬢様もいます。
こういった女性の多くは「学費を稼ぎたい」「将来のために貯金したい」など明確な目標をもって働いているお嬢様です。
せっかく風俗遊びをするならこういった女性と遊びたい、そうお思いの紳士のみなさまにぜひおすすめしたいのが高級デリヘルです。

高級デリヘルでは、面接の段階で必ずと言っていいほど「何のためにいつまでにいくらほしいのか」という明確な目標をお嬢様に問いただし、あやふやな回答をする女性は採用を見送るということが日常的に行われています。また、「その目標のために具体的にどのくらい現在努力しているか」ということも問われるため、ただただ付け焼刃で設定した目標では面接を突破できないのです。

高級デリヘル口コミランキングは「絶対に失敗したくない」紳士のみなさまが口コミやランキングから高級デリヘルを比較・検討できるポータルサイトです。紳士のみなさまの夜のお遊びの一助としてぜひご活用くださいませ。

一流企業より厳しい、高級デリヘルの採用基準

風俗って誰でも受かるんじゃないの? 「昼職じゃ稼げないし、風俗嬢になってみようかな。」 ブラック企業やワーキングプアという言葉が叫ばれ、なおかつ性風俗業界へのハードルが下がっているといわれる昨今、少な

密着!風俗店の男性店員

イメージばかりが先行する”男性店員” 突然ですが、紳士のみなさまは風俗店の男性スタッフにどのような印象をお持ちですか? 「学歴や職歴に関係なく、やればやっただけ儲けられる一獲千金の仕事」 「反社会勢力

ケチな名古屋民も認める、名古屋の高級デリヘル4選

名古屋嬢に女優やモデル……名古屋の高級デリヘルがアツい。 風俗遊びのキャリアにかかわらず、一度は堪能してみたいという男性も多い「高級デリヘル」。 しかし、一般人には手の出せない高額サービスゆえになかな

広島の高級デリヘル3選。地方ながらも最高級レベル。

中国・四国地方最大の繁華街、広島。 風俗遊びのキャリアにかかわらず、一度は堪能してみたいという男性も多い「高級デリヘル」。 容姿端麗かつ品行方正な人妻やOL、本物のモデルやAV女優ともお遊びできる高級

  • 3日間
  • 月間