スマートな風俗遊びに性病対策は欠かせない。

切っても切り離せない、風俗からの性病感染

「風俗ばかり利用していると性病に感染する」
こんな言葉を紳士のみなさまも耳にしたことはございませんか?
中には、このような内容を耳にして風俗遊びを控えたという方もいらっしゃるかもしれません。
たしかに風俗嬢は不特定多数のお客様と肌を重ねるのが”お仕事”ですから、一般女性よりも性病リスクは高いでしょう。

しかし、近年お客様や風俗嬢の性病への意識が高まってきたことで、風俗店側も性病対策に力を入れるようになってきているのです。
そこで今回は、風俗と性病について紳士のみなさまにご安心いただけるような情報をお送りしていきたいと思います。

そもそも「性病」ってどんな病気?

性病を正確に申し上げると「性行為感染症(STD)」。
読んで字のごとく「性行為などの粘膜同士の接触で感染する病気」です。

これは多い!性交渉で感染する可能性のある病気たち(一部抜粋)

  • HIV
    近年世界的に感染が拡大しているウイルスです。
    HIVは潜伏期間が数年と非常に長く、“エイズ”が発症してしまった場合死に至ることもあります
    2016年現在HIVウイルスを完全に取り除くことは医学的に不可能ですが、HIVの段階で早期発見することによってエイズの発症を遅らせたり防ぐことができます。
    「HIV=エイズ」という認識をお持ちの方もいらっしゃるかと思いますが、これら2つは別物です。
  • クラミジア
    性病の中でも最も繁殖力が高く、自覚症状が出にくいので感染が拡大しています。
    クラジミア単体であれば受診することでことが収まりますが、これに感染しているとHIVへの感染率も4.5倍に跳ね上がります。
  • 淋病
    男性は強い痛みを伴った尿道炎が特徴ですが、女性の場合感染しても症状が出ないこともよくあります。
    クラジミアの次に感染しやすい性病として有名です。
  • 尖圭コンジローマ
    性行為の際のウイルス感染によっておこる病気です。性器にイボができ徐々に増えます。
  • 梅毒
    江戸時代では遊郭に行くとかかる病気として有名でしたが、現在はペニシリンで治療可能です。
    しかし近年梅毒患者がまた増えているそうなので、梅毒の症状の項目で思い当たる部分があれば早い段階で受診しましょう。
  • ヘルペス
    性器や口内に水ぶくれができ、強い痛みがあります。キスなどでも口唇ヘルペスに感染する恐れがあります。
  • トリコモナス
    トリコモナス原虫という小さな虫によって引き起こされます。性行為以外にも感染経路はあるようです。

ほかにも、厳密にいえば性病でなくとも風俗で感染しうる病気もあります。

  • B型肝炎
    B型感染ウィルスによる肝炎です 近年日本国内でも拡大しつつあります。
  • 子宮頸がん
    性病ではありませんが、性行為によって感染するヒトパピローマウイルス(HPV) が主な原因とされています。
    「ワクチン接種と検査で予防可能」とされている病気ですが、強い副作用が問題視されている病気です。

ほとんどの「性病」とされている病気は

  • 「潜伏期間(症状が全く現れない期間)」があること
  • 初期段階ではほとんどが治療可能

という2つの共通点があります。

しかし、性に関することですから口に出したり相談することがはばかられて放置してしまった結果、症状が進行してしまうというケースが後を絶ちません。
少しでも「心配だ」と思われるのであれば一刻も早く病院に行って適切な診察を受けましょう。
不安なまま過ごしても気の重さは晴れませんし、 何より自分の身体を正しく知ることが家族やパートナーのためにもなるのです。

必見、性病を防ぐテクニック6つ

ここまでは性病の知識を改めておさらいしていきましたが、実際に「性行為」というものをおこなう以上、性病の感染率を0にすることは至難の業です。
また「性病」とされている病気であっても、ごく稀の確率ではありますが日常生活を送っているだけで感染してしまう場合もあると考えるとさらにハードルは高まるでしょう。
しかし、風俗を利用するうえで性病に感染してしまう確率を減らすことはできます。

高級デリヘル口コミランキング運営部がおすすめさせていただく「性病感染リスクを減らすポイント」を5つお伝えいたします。

風俗を使う前に、性病対策チェックリスト

  1. デリへル嬢・風俗嬢に“生理休暇”があるかどうか
    生理中はどうしても免疫が低下するので、感染症にかかりがちです。
    生理休暇を設けていないお店は「免疫力が下がっている女性を派遣している」という意味で、性病対策を講じていないと判断できます。
  2. デリヘル嬢・風俗嬢が定期的に性病検査を受けられる仕組みがあるかどうか
    性病対策として検診を行っているお店は多いものの、1度の検診では発見不可能な病気もあります。
    また「半年に1度」「年に1度」のペースで検診を行っているお店よりも「月に1度」行っているお店の方が安全と言えるでしょう
  3. プレイ前にシャワーをしっかり浴びて身体の雑菌を洗い流し、特に性器周辺は入念に洗う。
  4. プレイ前、プレイ後に歯磨き、イソジンなどを使った消毒液を使用し口内の雑菌を減らす。
  5. コンドームは必ず使用する
  6. 衛星管理のしっかりしている高級店を利用する

これらを守るだけでも格段に性病のリスクをさげることができます。

特に高級デリヘルや高級ソープなどの利用はリスクヘッジとして大変有効です。

  • 在籍している女性の性病検査を徹底しているお店が多いこと
  • 高価格なサービスなので、女性の接客人数が限られていること
  • 長時間サービスなので、シャワーなどの時間も余裕をもって取れること
  • プレイをする場所もシティホテルや掃除が行き届いたプレイルームなどの衛生的な場所であること
  • お客様層が経営者・医師・弁護士などの社会的な地位を持った方なので、性病に対する危機意識が大きいこと

が理由として挙げられます。

「今の性生活じゃ物足りないけど、病気が怖い」

という紳士のみなさま、ぜひ高級デリヘルを利用してみてはいかがでしょうか。
高級デリヘル口コミランキングは「高級デリヘルを使ってみたいけれど失敗したくない」という紳士のみなさまのための口コミ・ランキングサイトです。
みなさまの性生活をより豊かなものにするためにぜひご利用くださいませ。

2016-03-28

大学生デリヘル嬢はこれからさらに加速する?

大学生の風俗嬢っているの? 一昔前まではフリーターやシングルマザーの温床といわれていた風俗嬢。 しかし近年「現役女子大生専門のデリヘル」なるものが全国に拡散しつつあります。 「大学生のデリヘル嬢なんて

ソフトSMプレイで風俗にさらなるスパイスを。

風俗にさらに非日常を……そんなときはソフトSMがおすすめ 風俗遊びはそれなりにしてきた、だからこそ少し最近「飽き」が出てきた。そんな特に高級デリヘルを使うようなナイスミドルな紳士のみなさまにおすすめし

極論コレだけ、風俗嬢最大の悩みとは?

風俗嬢は「楽」じゃない。 突然ですが、紳士・淑女のみなさまは“風俗嬢”というお仕事にどのようなイメージを持たれますか? “自らの身体を使って多額のお金を稼ぎ出す職”である風俗嬢に対しては、多くの方が純

使用済み下着(パンティ)お持ち帰りの可能性は無限大

下着フェチの紳士のみなさまに朗報 世の中にはさまざまは「フェチ」があります。 うなじフェチ 声フェチ 匂いフェチ 脇フェチ 脚フェチ 筋肉フェチ このあたりはよくいわれたり、流行しているフェチですね。

  • 3日間
  • 月間

高級デリヘル口コミランキングトップへ