パートナーのその行動、風俗通いをやめさせたいのかも。

風俗をやめさせたい、そんな女性は少なくない

紳士のみなさまの約4割が経験したことがあるといわれている風俗遊び。男性の中ではかなりメジャーなお遊びですし、武勇伝をご友人や部下などと語り合うことはあるかもしれませんが、女性の間ではまだまだ「理解できない」行為のひとつです。

(※要所のみ編集の上抜粋)
風俗通いをやめさせる方法ないですか?

ここ1年くらいなんとなく怪しいなあと思える朝帰りや夜中の帰宅があったので、気になってケータイをみると、何回かの女の子とのメールのやりとりがありました。
しばらくは黙っていろいろ調べてみるとお店の会員ポイントカード・女の子の名刺がわんさか。けっこう行ってるようです。
1回ならまだ許そうかと思いましたが、これを知ってしまってからもう、主人が生理的にイヤになり、Hもしたくなくなりました。

決定的だったのは、髭剃りのケースから使用済みのパンストがでてきました。
事実、これは数日前に遊びにいってパンストプレイしてもらってきたんでしょうね。目の前で捨てさせました(笑)

AV観るくらいなら仕方ないと大目にみてきましたが、こうなると正直、主人を信用もできないし、子供作ろうとか言っておきながら風俗行ってたら、私はする気も起こりません。
全然やっぱり私に対しての気持ちがなくなってきているんでしょうね。

このまま、黙って見過ごすわけには行かないので、どうにか風俗に行くのを止めさせる手立てはないでしょうか?アドバイスよろしくお願いします。

参照元:風俗通いをやめさせる方法ないですか?

代表的な質問を1つ参考として転載しましたが、実はこの手の相談は多くの質問サイトや掲示板でも議題になっているとご存知でしたか?
紳士のみなさまの中にも「風俗通いはなかなかやめられないけど、大切なパートナーにバレて傷つけてまでは通いたくない」という方もいらっしゃるはず。そこで今回は「この行動をパートナーにされていたら風俗通いはバレている」という指標を7つご紹介します

この行動をしてきたら要注意、あなたの風俗通いはバレている

風俗通いがばれている

「風俗通いをやめさせたい」、もしパートナーや奥様がそう思っていたとしても必ずしも「直接言ってくるだけ」とは限りません。彼女たちだって紳士のみなさまのことを大切に思っているのですからあえて”婉曲的”な方法を使うこともあるでしょう。
そんなサインを確実にキャッチできるよう、彼女たちが「風俗通いをやめてほしい」にとる代表的な行動を知っておいて損はないはずです。それではひとつずつ確認していきましょう。

1: 経済制裁が厳しくなった

それまで特になにもなかったのに急に小遣い制を要求された、現金がダメならカードを使おうと思ったらクレジットカードですら取り上げられてしまった。もしかするとこれは風俗通いを物理的に止めようとしているのかもしれません。

2: 妙にプレイに研究熱心になった

女性の中には「パートナーが風俗通いをするのは私では満足できないからだ」と自分を責める女性も少なくありません。こういった女性の場合「風俗嬢よりもプレイ上手になれば風俗通いをやめてくれる」と信じている節があります。

なかでもスケベ椅子やローション、SMプレイやコスプレなどのなんとなく風俗チックなプレイに突然パートナーや奥様が興味を持ちだしたように語ってきた場合は、紳士のみなさまの風俗通いがばれているのに真実味が増します。

3: 一緒にできる趣味に積極的に誘っててくる

「風俗通いは中毒性がある病気のようなもの」風俗通いについてネットなどで調べている女性の中にはこのような多少偏った知識を得ている人も少なくありません。
そういった女性の場合は、禁煙と同様一気に風俗通いをやめさせようとするのではなく、共通の趣味を一緒に楽しみつつ「段階的に風俗通いをやめさせる」という長期計画を練っている場合もあります。

ただし、単純にマンネリ化している夫婦の間柄にスパイスを加えたいという気持ちからも十分生まれる可能性のある行動なので、「風俗通いをやめさせたい」というサインとしては多少弱いかもしれません。

4: “女性用風俗”を使った形跡がある

なかなか大胆な手段ですが、女性の中には「あなたがしたのはこれと同じこと」というようにパートナー自身が女性用風俗を利用するという思い切った行動に出る人もいるのだとか。
「(ご自身は風俗通いを常習的にしているのに)パートナーが他の男と性的な行為をするのは許せない」というあなたは、風俗情報サイトとして致命的かもしれませんが今すぐ風俗通いをやめたほうがいいかもしれません……。
風俗通いが生活の一部となっている紳士のみなさまは、パートナーに同じことをされてもとやかく言う権利はないのですから……。

5: 「性病が怖い」といってきた

多くの女性が風俗通いをやめさせたいときに使う最もメジャーな手段は性病を引き合いにだすことではないかと筆者は察します。というのもこの方法を使えばあくまで「自分は風俗通いを知らない」という体裁を保ちつつ、自分の体を汚すことなく、もっともクリティカルに紳士のみなさまに切り込めるからです。

「なんかあそこが痒いんだけどなんでかなぁ?」などパートナー自身が性器の不調を訴える場合もあれば「友達のAちゃんの旦那さんが風俗に通ってたからAちゃん移されちゃったんだって、だから一緒に検査に行こうよ」と他人の話を例に出しながら迫ってくる場合もあります。

この話題を出されたときは、パートナーの体調を気にしたり、話の本題に耳を傾けることが最も大切ではありますが、その裏で「あれ、自分の風俗通いばれてるのかな」という可能性も疑いましょう。

6: 妙に「物分かりがいい」

中には、何かしら行動を起こすことなく物分かりの良さを見せることで暗に「いつか風俗通いやめてくれないかな」と思っているしたたかな女性がいるのも事実。「そんな女性はいるのか」……はい筆者です。
このタイプの女性は「まあ自分がとやかく言うこともないからしょうがないかなぁ」と普段は考えているのですが、何かが引き金となってあっさり交際を解消するタイプでしょう。「うちの彼女は物分かりがいい」……そうお考えの紳士のみなさま、油断禁物です。

7: 真っ向勝負!「風俗通いはやめて」と言ってくる

また最後に付け加えると、女性の中には、真っ向勝負とばかりに直接話を持ち掛けてくる方もいらっしゃいます。ただし、言い方は無限大。中でも

  1. 風俗通いは浮気と一緒だと諭す弁護士型
    →実際に法的には浮気と判断されますし、風俗通いが原因で離婚に至った場合紳士のみなさまは慰謝料を払わなければいけない可能性があるのも事実です
  2. 「自分が飽きられないか心配だ」「風俗に行かれちゃうと悲しい」と表現をする同情型
  3. 「風俗通いはお金の無駄」と説得するFP型
  4. 離婚届と証拠を同時につきだす探偵型

 

の4つはメジャーなパターンです。

バレないのが一番、そんなときは高級デリヘル

高級デリヘル

以上今回は風俗通いがパートナーにバレているときに彼女たちがとりがちな行動についてお話ししてまいりました。しかし、できることなら「パートナーや奥様を傷つけることなくバレない程度に遊ぶ」というのが理想だと思います。紳士のみなさまもばれないために様々な対策をしているかと思いますが、高級デリヘル口コミランキング運営部がおすすめするのが「高級デリヘルの利用」です。
出張先でのデリヘルの使い方にも書かれているように高級デリヘルは領収書発行ができるお店も多いため領収書を見られたとしても問題は何らありません。仮にバレたとしてもその単価の高さから「接待用に使った」といえば納得してくれる可能性も一般的なデリヘルより高いでしょう。そして何よりもクーポンや会員証を発行しない場合が多いので証拠が手元に残りにくいのです。

高級デリヘル口コミランキングは、せっかくの高級な夜遊びを失敗したくないという紳士のみなさまのご要望にお応えした、高級デリヘル専門の口コミ・ランキングサイトです。
「高級デリヘル口コミランキング見た」
と仰っていただけましたら、仲の良い店舗様も多くいらっしゃいますので特別な女性を紹介してくださるかもしれません。
紳士のみなさまの夜遊びの比較・検討にぜひ高級デリヘル口コミランキングをご活用くださいませ。

2016-10-22

女性の好きなプレイ、意外と変態だった。

マニアックな性癖が解放できない、それは無駄な悩みかも 「毎回デリヘルを呼んでいるけど、いつものプレイはなんかつまらない。でもマニアックなことをすると、デリヘル嬢に嫌がられる。」 突然ですが紳士のみなさ

「風俗は浮気じゃない」と思い込んでいる男性へ

禅問答のごとくループする「風俗は浮気?」問題 「結婚している、あるいは彼女はいるんだけど風俗には通いたい。」 紳士のみなさまの中にもこんなジレンマを抱えながらお遊びにいそしんでいる方はいらっしゃいませ

デリヘルを家に呼ぶときの心得

デリヘルは家にも呼べる 紳士のみなさまはデリヘルでのお遊びの際にデリヘル嬢をどこに呼んでいらっしゃいますか? きっと多くの紳士の方がラブホテルやシティホテルとお答えになるかと思います。 しかし、デリヘ

高級デリヘル入門。女性は道具が好きなのか。

高級デリヘル、デリヘルといった性風店では当たり前のようにおいてあるのがプレイグッズです。普段はなかなか使用したいことを言い出せない道具に関しても、お店でなら幾分か気軽に使用ができることと思います。 道

  • 3日間
  • 月間

高級デリヘル口コミランキングトップへ